fc2ブログ

初めに:『漫画を描くということ』

 私は物語を考えるのが好きだ。
 それを表現したいと思ったのは、小学校高学年ほどだろうか。

 とりあえず長いから続きに放り込む。
 今回の話は、私と自作漫画のお付き合いについて。あんまり読まなくてもいい感じ。
 小学生時代。気に入った漫画家の絵を真似ながら、ノートに漫画を描いていた。途中から表現が追いつかず、文字だけに移行して行ったりもしたが、これは小六で文庫本に出会った影響だとも思われる。
 初の文庫は父親からの誕生日プレゼントであるスレイヤーズ五巻セットだった。プレゼント理由が『漫画だけじゃなくて文字も読みなさい』だったのが私がどんな子であったかを物語っている。
 ちなみに、これがなければ私はTRPGに出会うことは出来なかったと思う。

 中学生時代。この時代はキャラクターの服装センスが最もずば抜けていた。
 あんな儀式めいた服を当時の私はどうやって思い浮かべていたというのか。今となっては謎だ。
 漫画と小説を並行して書き始めたのはこの頃からだろう。成績がめちゃくちゃ悪かった。
 けれどこの頃はまだ授業中に漫画やら小説やらを描いたりはしていなかったから、単に学校サボってただけでもある。
 今となっては問題児だったなぁとわかるんだけれど。うん。私にも色々と問題があった。
 ああ、忘れてはならないことが一つ。
 この中学時代の三年生三学期に、親友と仲良くなった。高校は別々だったけれど、これ以降休みはほぼ一緒に遊んでいた。

 高校生時代。親友宅に入り浸りながら学生生活を送る生活。案の定というか、アニメイラスト部(漫研)に入ったりもする。
 漫画は基本的に家で、小説は主に学校で書くという組み合わせ。授業中、黒板に書かれたことを写し終えたらルーズリーフにがりがりがりがり……阿呆だ。でも、それで何とかなっていた。
 親友と漫画の設定やらを考えてた時期は、授業中に技名やらキャラの絵やら設定やらごりごり描いてたりもした。手頃サイズの辞書は常備されており、引越してきた今でもそれは手元にある。確かガストで買ったとかいう、有り得ない品だ。

 小学校は見よう見まねで。
 中学校は勢いに任せて。
 高校時代はペースを決めて。
 大きな違いは、一言でいうと多分こんな感じ。

 今は、構図やらコマ割りやら、技術的なところを気にしている。
 昔の漫画は、上手なところはとことん上手なんだけれど、雑なところはとても雑だったりした。気の乗り具合や考えなしなところが、そういう風な現象を起こしていたのだろうと思う。
 ただまあ、やっぱり高校時代が一番すごかったなぁと実感するんだ。あの頃は、本当に毎日飽きないくらいに絵を描いていた。絵を描くことが日常だった。
 シャーペンで黒髪をとても綺麗に書き上げていた。服の塗りも、シャーペン一つで多彩な塗り方を表現できていた。
 今じゃ面倒くさい。マジで。

 と、まあ。
 振り返って思うことは、幼い頃は情熱や夢ばかりで漫画を描いていたという事。
 人に見せる代物としてではなくて、形を残したい、自分の中にあるものを具現化したいという思いだけで描き上げていた。あんまり『他人・読者』を意識していなかったのである。
 あの頃はそれで良かった。
 今はそうではなくて、他人の視点を気にするのだ。
 読みやすいかどうか、伝えたいことが伝えられているか、分かりやすいか、話がまとまっているか、詰め込み過ぎじゃないか……気にする部分は沢山ある。
 自分の中にあるものを具現化したい、形に残したい。その思いは今もある。けれどそれより、誰かに読んでもらいたいという思いのほうが強くあるのだ。
 それは不特定多数にだったり、特定の誰かであったり……様々だ。
 意識すれば意識するほどに漫画を描く手・思考が鈍るが、自信を持って人に見せられる作品が作り出せるなら、作り出せたなら、私は私を誇れるだろう。
 この変化が、本当の意味で漫画を描くということに繋がるのではないか。そう思う。



 長々と書いたが、これは次回からの話にあんまり影響があるのかどうかわからない。
 ただ、私はこんな風に付き合ってきたというのを最初に書いておきたかった。
 そして、こうやって付き合っていくのだろうと。

 人がどのように思って絵をかくのか、物語を書くのかって、あんまり触れれないから、ふれあいたいなと思う。
 昔みたいに盛り上がりたいなぁ。妹様は恥ずかしがって話してくれなさそうだし、親友も今は私ほど絵を描いていないから、語れないし。
 だから垂れ流すのである。おしまい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

水鶏しゅろ

  • Author:水鶏しゅろ
  • 縁側でのんびりすごすのが夢な人、ですの。
    プロフィール画像はしばしば変更予定。日によって気分で。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

るぱーん。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク